正しいか否か

ちょっと鬱な内容なんで そう言うのが嫌な方は読まない方が身の為です。

それだけ 最初に言っておきます。






今 やっている事が正しいかどうかなんて

結果を見てから出ないと分からないんですよね。


その結果が見えないから 不安が募るばっかりで。



背中を押した私も 無責任だと責められるのかも知れない。


それでも


日に日に笑顔が少なくなって

下らない話で笑えなくなっている旦那を見ると

もう 頑張らなくていいよ


そう思ってしまうのも事実で。





どの道を選ぶにしろ


一番しんどいのは旦那で。

一番汚い所を見るのも旦那で。


支えるったって

タカが知れてるんだよね。


家庭がある

子供がいる。

お金は 絶対に必要になっている。


その状態で この判断を下したのは良かったのか。



しばらく 悩みそうです。



悩んだって 投げられた賽を手元に戻せるはずもなくて。


我武者羅に 目の前に据えられたものを消化していくしかなくて。


現状は わかっているはず。


漠然とした不安はあるけど

道はある程度決まっていて。




遅かれ早かれ こういう日が来るのは分かっていたし

それに備えた準備が出来ていないのもわかっていたし。

それでも現状に耐えられない状態も見えていたし。




甘いんだろうね。


甘いんだろうけど


もう チャンスは今しかないのも事実。



この先 歳を重ねる事に
無茶が出来なくなるのは目に見えてるし。


子供が大きくなればなるほど

後には戻れなくなるわけだから。





腹は 括った…つもり。


そんな曖昧なもので 良いわけないのは判っているけど


これ以上 不安を抱えながら仕事させるのは辛い。


どんな仕事でも

旦那が心から楽しめる 健康な精神状態で
生活できるなら


それが一番だと思うし。

今の職場で それが実現できるかって聞かれると

首を傾げてしまう。


だったら 辛い思いをしてでも 新しい道を探す方向で物を考える方が

いいんじゃないかと。




この選択が 正しいとは言い切れないし
それに伴う苦労も 勿論あって然りだとは思う。


ただ

今の状態で この先ずっとこの仕事を頑張ってとは

絶対いえない。



急に ふと 居なくなってしまいそうな

日に日に 精神摩り切らせている旦那を見るのが辛い。


何より 現状を一番良く判っていて
それでもどこまで無理をしていいのかわからなくなっている旦那自身が
一番辛いと思うし。


夫婦って 何? と


ここ数日 考えてしまう


自分が嫌だ。




一方に 異常なまでの我慢を強いる家庭が

健全な状態だと思わないし。


今のままだと きっと家庭が駄目になる。


それじゃ 意味がないんだよ。


職を変えたって 旦那が旦那であれば、ボクはそれについていくし
我慢ばかりさせている自分に 酷く憤りを覚えているのも事実。
 前々から 会社のやり方に疑問を感じている部分はあったし
旦那がその事で悩んでいるのは知ってる

もう 背負い込み過ぎなくていいんじゃないかな?

それでも

まだ頑張れって 言ってあげないといけないのかな?

正しい答えなんて 今出せるはずはないけど

もう この先転職のチャンスなんてないんだから


だったら 掛けてみて良いんじゃないかな?

そんな疑問が沸いて 止まらなくて
無責任に 背中を押してしまったんです。


かかる苦労も 半端なものじゃないと思う。

それを被ってでも 旦那と一緒に笑っていられるように

少しでも良い方向に進めるように

踏ん張らないとね。



そう思うことにしました。

まだまだ 未熟な自分だから言えることかもしれない。


色んな負担を考えると 間違った選択だったかも知れない。


でも 現状を変えるには もう他にないと思う。


この選択が 間違ったものじゃない事を願う他ないし。


それが正しいものであるように動かないといけない。


……うん。



05/24 10:11

この記事を 編集・削除

[公開] [呟き]

コメント(2件)

雪華 :  SKULLさん

有難うございます

最悪の場合も考えて 何とか旦那のモチベーションが上がるように フォローは出来るだけしようと思います

決めるのは 一番波風激しい所に居る旦那

どういう形に落ち着くかはわかりませんが

なるようにしかならないし

何とかなる(´ω`)と思う

今日は 旦那の幼なじみの男性が
ガス抜きに付き合ってくれるそうなので
有り難く 好意に甘えさせる予定です

私より 彼の方が旦那を深く理解してますし(苦笑)

05/24 22:04 

SKULL :  色々紆余曲折あっての人生
苦しい時期を少しでも短くする為に支え合い、楽しみや幸せを存分に解り合える為の
夫婦なら

「今」を越え、昔の苦労話と言える様に導くだけ。

現在進行形で生きるなら「今」の苦しさなんかチッポケですよ。

〜の為とか、〜だからとか考えないで
今は取敢えず、その日自分達が少しでも憂鬱から離れて笑う事が出来る様に励まし寄り添う事だって有りだと思いますよ。

後、結果を焦らない事。それだけかしらね。
05/24 21:13 


※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

雪華

Category

Search

rss
rss2

QRコード